手ブレは夜景に限らず、撮影の大敵!

11th 2月 2016 by admin No Comments

手ブレは夜景に限らず、撮影の大敵です。スマホ用の三脚を利用するのが理想ですが、友達の肩や柵に手を添えだけでも充分に手ブレを防止できます。シャッターボタンを押すときに一番ブレやすいので、付属イヤホンのボリュームボタンでシャッターを押せるスマホもあるので、活用してみるのも良いでしょう。撮影後、写真を確認して気になる個所があれば、アプリなどで加工、修正することができます。スマホで撮ったクリスマスツリーの写真は、ツリーの下から見上げて撮影したものが多いです。周囲の人の頭も写りこむこともありますが、露出を暗くして見えないようにするといいでしょう。写真はちょっとの工夫で見違えるようによくなります。写真に興味を持ったら、スマホだけではなくカメラを使って撮影してみるのもおすすめです。さらに、美術系の大学や専門学校では、写真についてより深く学ぶことができますから実践的な技術を習得したいなら、専門学校や大学で写真を学んでみるのもいいでしょう。夜景の撮影をきっかけに、写真の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。いずれにしても写真撮影はスマホカメラならとくに手ぶれをいかに押さえるかで飛躍的に見た目が綺麗になるのです。

FREETEL、「Priori 3S LTE」を発表 1万7800円で2月発売予定

5th 2月 2016 by admin No Comments

FREETELの「Priori3 LTE」のスペック強化版が登場します。メインメモリやストレージの容量を2倍にしたほか、4000mAhのバッテリーを搭載して、より快適に使えるようになっているのです。プラスワン・マーケティングは1月14日、FREETELブランドのAndroidスマートフォン「Priori 3S LTE」を発表しました。価格は1万7800円(税抜)で、1月22日に同社の公式Webサイト予約販売を開始します。発売は2月を予定しているとのことです。Priori 3S LTEは、2015年10月に発表された「Priori3 LTE」の上位モデルです。メインメモリを2GBに、内蔵ストレージを16GBに増量しているところが特徴です。画面は5型のHD(720×1280ピクセル)液晶となっていて、サイズ・解像度ともに向上しています。バッテリー容量は、Priori3 LTEの約2倍となる4000mAhで、「端末の厚みを抑えるのと、安全性を確保する」ため、取り外しはできないようになっています。裏ぶたは外れるのでうが、バッテリーの脱着はできなくなっているのです。カメラの画素数はPriori3 LTEと同様で、アウトが800万画素、インが200万画素となっています。しかし、主にソフトウェアを改良することで画質の改善を図っているのです。ボディカラーはマットブラック、パールホワイト、ネイビーの3色となります。
 

スマホの初期化が必要にならないように

1st 2月 2016 by admin No Comments

最近では、スマホも情報が漏れる恐れなどもあるので使用も注意をしなくてはいけません。
いつ、どので情報を盗まれるか分からないのです。
もしも、そういった被害に合ってしまえば、スマホを初期化したりスマホを交換しなくてはいけない状況になります。
でも、ちょっとでもおかしいと感じた場合は、疑う事も大事です。
スマホには、日頃使用をしているプライベートな情報がたくさん入っています。
その情報をすべて見られたらと思うと本当に怖いものですよね。
しかし、本当にそういった被害に合っている人はいます。
個人情報が漏れて、SNSを操作したりする被害もあったりするのです。
スマホを使用していると、本当に便利ではあります。
しかし、自分の情報漏れる恐れもあるという事は意識をしておいた方がいいかもしれません。
最近では、ラインを使用している人もいるのですが、こういったやり取りさえすべて見られているかもしれないのです。
情報を盗まれてしまった時点で情報は漏れるのは確実です。
なので、これから注意をしていかなくてはいけませんね。
写真やメールは、人に見られるのは嫌なものですから、しっかりと守れるようにしたいですね。

スマホバッテリーに敬意を示す

31st 1月 2016 by admin No Comments

スマホバッテリーにどのような意識を持っているでしょうか。 その日常生活において、行っている当たり前の行為が、スマホバッテリーにとって致命傷なのです。本当にちょっと用心しましょう。 
一日中充電し続ける、
フル充電状態で、充電を続けながら動画を見る、ゲームなどをするというのもスマホバッテリーに全然アウトな行為ですし、温度が高い場所に置いておく、頻繁に充電する、 急速充電器を使うというのが、スマホバッテリーにかなり大きなリスクです。
通常充電より急速充電の方が電池の温度が上がってしまうため、バッテリーの高温化が問題になります。
細かい充電と放電を繰り返す行為というのもスマホを使用しいる人たちにとって、バッテリーが減ることが不安なため繰り返す行為です。
このような行為を繰り返すと、スマホバッテリーに負荷を与えることになります。スマホバッテリーって、かなり労りと敬意をもって接していかなければならないものです。
www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-softbank.html

Windowsのスマホの機能!注目は「Word Flow」

24th 1月 2016 by admin No Comments

Windowsといえば言わずと知れたパソコンのOSですが、スマホ業界でもスマホを提供しています。
スマホ自体はよくあるAndroid端末といったところですが、Windowsの強みがたくさん入ったスマートフォンは使い勝手がいい方もいるはずです。
さて、そのスマートフォンの機能として「Word Flow」というものがあります。
これはテキスト入力の世界最速記録の達成に使用されたキーボードで、文字の予測が素晴らしい機能です。
特にスマートフォンは文字入力がパソコンに比べれば面倒ですので、この予測機能があるキーボードはとても便利です。
スマホの文字の入力はスワイプ操作でするというものが多いのですが、初めてスマホに変えた時は苦労した人も多いのではないでしょうか。
今ではすっかり慣れて、スワイプでスムーズに入力できますし、予測機能というものはあたりまえについている機能です。
今後文字入力はさらに簡単になる可能性もあります。
音声入力という手もありますが、なかなか言葉を認識してくれないこともあり、さらに手間がかかってしまうということもありますよね。
ただ、この音声の認識が進化すれば、そのうち何も触れず文章全体を入力することもできるようになるかもしれません。
さらに便利なスマホになるよう、今後の進化を期待します。

電力の自由化にSoftbankも参入?スマホとセットでお得に!

21st 1月 2016 by admin No Comments

日本では電気は大手の電気会社が独占している状態です。
競争がないので、価格はその電気会社が自由に価格をきめられる状態でした。
特に震災以降原子力発電所が止まっていたことから、価格が上がって他の電気会社にも注目が集まり始めました。
そして今年ついに4月から電力の自由化が始まり、私たちは色々な電気会社を選べるようになります。
さて、そんな中Softbankが提供を開始する予定なのが「ソフトバンクでんき」を開始するそうです。
特徴としてはスマホや光回線のセット契約をすると固定通信量を割引してくれるそうです。
電力の供給は東京電力が事業提携するそうで、安定した供給ができる年ています。プランは3プランで、2つは東京電力のプランと同じですが、1つはソフトバンクオリジナルのプランで「バリュープラン」というそうです。
ソフトバンクの他にも色々な会社が参入を予定しています。
他の会社にも色々な割引やお得なプランなどが登場しています。
電気会社が選べるようになれば、競争も始まり、電気もお得に使えるようになりそうですね。
まだ始まる前なので、供給の安定性や、価格面などが手探り状態ですが、どのようになるかとても楽しみですね。

新検索機能「Now on Tap」をAndroid 6.0向けに提供開始

20th 1月 2016 by admin No Comments

グーグルは、11月10日より新検索機能「Now on Tap」をAndroid 6.0向けに提供開始しました。Now on Tapは、ホームボタンを長押しするとユーザーがスマホで開いている画面のテキストを解析して、検索やマップ、関連するアプリをワンステップで表示する新機能です。従来でしたら、検索したい言葉をコピーして、検索アプリを立ち上げ、検索を実行するという手順が必要でした。利用はウェブサイトを閲覧している場合に限らず、LINEなどのアプリで会話中のテキストを解析することが可能です。また、食事の話題をしている状態でホームボタンを長押しすれば、画面中のテキストを読み解き「フォンデュ」のレシピやレストラン検索までのステップを簡略化することができます。提示可能なアプリは、ユーザーがスマホにインストールしているアプリのみになり、インストールしていないアプリの利用をサジェストされるなど、強要されることはありません。Google検索がこれまで培ってきたナレッジグラフ、自然言語の理解、App Indexingなどの技術を組み合わせることで、ユーザーが「ニュースを読んでいる」のか「友だちと待ち合わせ時間を決めている」のかなど、シチュエーションごとに変わるニーズに対応しているということです。
スマホ ギャラクシー

スマホの便利なバッテリー

16th 1月 2016 by admin No Comments

スマホのモバイルバッテリーも持ち歩く人が多くなってきました。
前までは、大きなモバイルバッテリーが多かったのですが、最近ではコンパクトなモバイルバッテリーがたくさん出てきています。
コンパクトなモバイルバッテリーはいつでも好きな時に持ち歩きができるのもいいものですよね。
そして、今回はすごく良いモバイルバッテリーを見つける事ができました。
「xoopar Squid Power Bank」なのですが、このモバイルバッテリーはコンパクトなだけではないのです。
なんと、充電をしている間、スマホのスタンドとして使用が可能なのです。
スマホも、動画を見る時は、スタンドがないと見えにくいものですよね。
しかし、このモバイルバッテリーさえあれば、これから動画も見やすくする事ができるのです。
なぜ、スタンドのようになるのはと言うと、このモバイルバッテリーは吸盤になっていて、簡単に付けることができるようになっています。
ちょっと便利なモバイルバッテリーが欲しいなと思っている方はおすすめです。
モバイルバッテリーもスマホを使用していれば、あると便利なものだと思います。
購入を検討している方は、こういったモバイルバッテリーを見てみてください。

スマホ 比較 音楽なら「スマホでUSEN」

13th 1月 2016 by admin No Comments

音楽をスマホでどのように楽しんでいるでしょうか。 今、音楽 スマホ 比較しておすすめしたいものは「スマホでUSEN」です。
多くの音楽好きな人たちが「スマホでUSEN」に向きあっています。実際に「スマホでUSEN」を使用してどんな感想を多くの人たちが持っているのでしょうか。
ここには、「曲が選択できない」「早送り、巻き戻しもできない」というデメリットがあります。同じ歌を繰り返すという人たちにはそれほどおすすめ出来る方法ではありませんが、 「スマホでUSEN」だからこそ次から次へと流れる音楽に対して新しい発見をすることが出来ます。
曲を選ばず、勝手にいろいろな音楽が流れると言うのは、自分から敢えていろいろなことを考える必要がなく、全然ストレスが溜まらず、一番音楽を聞く理想の形とも言えます。
「スマホでUSEN」でぼーっと一日中音楽を聞いていても、全然飽きると言うことがありませんし。なんとなく流れる音楽なら勉強している時、料理を作っている時などにも最適です。
http://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-camera.html

万人受けするソニーモバイルの『Xperia Z5』

7th 1月 2016 by admin No Comments

2015年冬に発売されたソニーモバイルのスマートフォン『Xperia Z5』は、Zシリーズの中でも万人受けが良いモデルのよう。docomoやSoftBank、auという三大キャリアから販売されているので多くのユーザーが目にし、手に取っています。同シリーズであるXperia Z5 PremiumやZ5 Compactのような「4K」「コンパクト」といったインパクトは薄いように感じますが、幅広い層から支持されるバランスの良いモデルになっています。2300万画素カメラや指紋センサー、コントラストに拘ったディスプレイなどを見てもスマートフォンとしての性能レベルは高いと思います。見た目も光沢感のあったXperia Z4と違いますよ。フロストガラスを採用することでマットな質感を出し、優しい雰囲気を醸しだしているのです。ホワイトやブラック、ゴールドといったカラーも真っ白や真っ黒にはせず、柔らかい感じに見えるようにしてあるのだとか。グリーンもイエローからブルー系に光るニュアンスを入れて優しい印象のカラーに仕上がっています。良い意味で「落ち着いたスマートフォン」といった感じ。子供からお年寄りまで幅広く好まれそうです。生活の中に溶け込んでいけるようなスマートフォンですね。次はどんなXperiaシリーズが登場するのでしょう。楽しみですね。